コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間 さくま

4件 の用語解説(佐久間の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐久間
さくま

静岡県西部,浜松市北西部の旧町域。天竜川の中流域にあり,愛知県に接する。 1956年浦川町と佐久間村,山香村,城西村の3村が合体して佐久間町が成立。 2005年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い天竜区の一部となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さくま【佐久間】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐久間
さくま

静岡県北西端、磐田(いわた)郡にあった旧町名(佐久間町(ちょう))。現在は浜松市天竜(てんりゅう)区の中央を占める一地域。天竜川の中流部に位置する。旧佐久間町は、1956年(昭和31)浦川町と佐久間、城西(しろにし)、山香(やまか)の3村が合併して改称。2005年(平成17)周辺10市町村とともに浜松市と合併。天竜川とその支流大千瀬(おちせ)川、水窪(みさくぼ)川の谷に沿って集落が散在し、地域の大半が急峻(きゅうしゅん)な山地に囲まれている。北から南西に中央構造線が走る。JR飯田(いいだ)線、国道152号、473号が通じる。中世、山香荘(しょう)の一部。戦国時代は今川、武田、徳川氏の勢力競合の地であった。伊那(いな)方面の木材を鹿島(かじま)(浜松市)、掛塚(かけつか)(磐田(いわた)市)方面へ運搬する天竜川舟運の中継地として繁栄。林野が90%を占め、林業を中心とする。スギ、ヒノキの人工林が多い。良質茶も産出。1956年佐久間ダムが完成、脚光を浴びた。景勝地に恵まれている。「川合(かわい)花の舞」は県指定無形民俗文化財。山村文化を紹介する「民俗文化伝承館」がある。[川崎文昭]
『『佐久間町史』上下(1972、1983・佐久間町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐久間の関連情報