コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間(読み)さくま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐久間
さくま

静岡県西部,浜松市北西部の旧町域。天竜川の中流域にあり,愛知県に接する。 1956年浦川町と佐久間村,山香村,城西村の3村が合体して佐久間町が成立。 2005年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い天竜区の一部となった。大部分が山地で,集落は河岸段丘上にある。中心集落の佐久間は古くから遠江国三河国信濃国の文化,経済の交流地点として発達。 1956年佐久間ダムが完成し,天竜川の峡谷美と相まって,観光地として発展。天竜林業地域中心地で木材加工が盛ん。周辺では良質の茶が生産される。一部は天竜奥三河国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐久間
さくま

静岡県北西端、磐田(いわた)郡にあった旧町名(佐久間町(ちょう))。現在は浜松市天竜(てんりゅう)区の中央を占める一地域。天竜川の中流部に位置する。旧佐久間町は、1956年(昭和31)浦川町と佐久間、城西(しろにし)、山香(やまか)の3村が合併して改称。2005年(平成17)周辺10市町村とともに浜松市と合併。天竜川とその支流大千瀬(おちせ)川、水窪(みさくぼ)川の谷に沿って集落が散在し、地域の大半が急峻(きゅうしゅん)な山地に囲まれている。北から南西に中央構造線が走る。JR飯田(いいだ)線、国道152号、473号が通じる。中世、山香荘(しょう)の一部。戦国時代は今川、武田、徳川氏の勢力競合の地であった。伊那(いな)方面の木材を鹿島(かじま)(浜松市)、掛塚(かけつか)(磐田(いわた)市)方面へ運搬する天竜川舟運の中継地として繁栄。林野が90%を占め、林業を中心とする。スギ、ヒノキの人工林が多い。良質茶も産出。1956年佐久間ダムが完成、脚光を浴びた。景勝地に恵まれている。「川合(かわい)花の舞」は県指定無形民俗文化財。山村文化を紹介する「民俗文化伝承館」がある。[川崎文昭]
『『佐久間町史』上下(1972、1983・佐久間町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐久間の関連情報