コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間 さくま

4件 の用語解説(佐久間の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐久間
さくま

静岡県西部,浜松市北西部の旧町域。天竜川の中流域にあり,愛知県に接する。 1956年浦川町と佐久間村,山香村,城西村の3村が合体して佐久間町が成立。 2005年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い天竜区の一部となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さくま【佐久間】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐久間
さくま

静岡県北西端、磐田(いわた)郡にあった旧町名(佐久間町(ちょう))。現在は浜松市天竜(てんりゅう)区の中央を占める一地域。天竜川の中流部に位置する。旧佐久間町は、1956年(昭和31)浦川町と佐久間、城西(しろにし)、山香(やまか)の3村が合併して改称。2005年(平成17)周辺10市町村とともに浜松市と合併。天竜川とその支流大千瀬(おちせ)川、水窪(みさくぼ)川の谷に沿って集落が散在し、地域の大半が急峻(きゅうしゅん)な山地に囲まれている。北から南西に中央構造線が走る。JR飯田(いいだ)線、国道152号、473号が通じる。中世、山香荘(しょう)の一部。戦国時代は今川、武田、徳川氏の勢力競合の地であった。伊那(いな)方面の木材を鹿島(かじま)(浜松市)、掛塚(かけつか)(磐田(いわた)市)方面へ運搬する天竜川舟運の中継地として繁栄。林野が90%を占め、林業を中心とする。スギ、ヒノキの人工林が多い。良質茶も産出。1956年佐久間ダムが完成、脚光を浴びた。景勝地に恵まれている。「川合(かわい)花の舞」は県指定無形民俗文化財。山村文化を紹介する「民俗文化伝承館」がある。[川崎文昭]
『『佐久間町史』上下(1972、1983・佐久間町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐久間の関連キーワード静岡県浜松市天竜区阿寺静岡県浜松市天竜区大川静岡県浜松市天竜区大谷静岡県浜松市天竜区熊静岡県浜松市天竜区佐久静岡県浜松市天竜区相津静岡県浜松市天竜区月天竜〈市〉静岡県浜松市天竜区長沢静岡県浜松市天竜区横川

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐久間の関連情報