コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間左京 さくま・さきょう

1件 の用語解説(佐久間左京の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

佐久間左京

没年:明暦3.11.29(1658.1.2)
生年:天正9(1581)
江戸前期の狩野派の画家。尾張(愛知県)の人で伊達政宗に認められ仙台藩のお抱え絵師となる。名は長三郎,諱は吉次。左京または修理と称す。父は助右衛門で,織田信長の重臣佐久間信盛を遠祖とする。政宗より250石を賜り,仙台藩世襲画員の嚆矢となる。仙台城本丸,大崎八幡神社,松島円福寺などの障壁画を手がける。時に戦陣へ赴くこともあった武人画家である。67歳のとき隠退し薙髪して常隠と号す。城南若林で没す。法名は常隠自楽。仙台・新坂通荘厳寺に葬る。代表作に松島瑞巌寺方丈障壁画がある。

(安村敏信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐久間左京の関連キーワード狩野晴川院狩野秀信狩野休圓長谷川常時吉川弘道山野守嗣狩野養長狩野元俊狩野令信岩井正斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone