コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薙髪 チハツ

デジタル大辞泉の解説

ち‐はつ【×薙髪】

[名](スル)髪を切ること。髪をそり落とすこと。剃髪(ていはつ)。
「―して宮を脱し」〈露伴運命

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちはつ【薙髪】

頭髪をそること。僧尼となるときに行う。薙はそる,切り除くの意。剃髪落飾に同じ。〈かしらそり〉〈かしらおろし〉〈おぐしおろし〉などともいう。入道得度して僧尼となるには,煩悩を断ち切るため髪をそり落とし,仏弟子の生活に入るには,世俗の虚飾をさけるため身の飾りを落とす。落飾は王侯貴族が出家する場合にいう。また薙髪はとくに髻(もとどり)を切ることを指している。《今昔物語集》巻十九に〈道心堅ク発(おこり)ニケレバ,髻ヲ切テ法師ト成ニケリ,名ヲ寂照ト云フ〉(参河守大江定基出家語)などとあるのがそれである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちはつ【薙髪】

( 名 ) スル
髪をそり仏門に入ること。剃髪ていはつ。 「通称は文五郎、-して文阿弥と云つた/渋江抽斎 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

薙髪の関連キーワードサンスカーラ御子左為兼佐久間左京後朱雀天皇花山院定誠飛鳥井雅康揚巻∥総角大淀三千風一条天皇尊円親王田中道麿渋江抽斎平城天皇秋田実季大江磐代菱川師宣花園天皇岐陽方秀板谷桂舟策彦周良

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android