薙髪(読み)ちはつ

精選版 日本国語大辞典「薙髪」の解説

ち‐はつ【薙髪】

〘名〙 (「薙」は剃る) 髻(もとどり)を切ること。また、頭髪をそること。法体になること。剃髪(ていはつ)
※峨眉鴉臭集(1415頃)送播叔英皈播陽叙「薙髪於甘露之室
※読本・昔話稲妻表紙(1806)五「判官貞国薙髪(チハツ)して桂之助に家をゆづり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「薙髪」の解説

ち‐はつ【×薙髪】

[名](スル)髪を切ること。髪をそり落とすこと。剃髪ていはつ
「―して宮を脱し」〈露伴運命

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「薙髪」の解説

ちはつ【薙髪】

頭髪をそること。僧尼となるときに行う。薙はそる,切り除くの意。剃髪落飾に同じ。〈かしらそり〉〈かしらおろし〉〈おぐしおろし〉などともいう。入道得度して僧尼となるには,煩悩を断ち切るため髪をそり落とし,仏弟子の生活に入るには,世俗の虚飾をさけるため身の飾りを落とす。落飾は王侯貴族が出家する場合にいう。また薙髪はとくに髻(もとどり)を切ることを指している。《今昔物語集》巻十九に〈道心堅ク発(おこり)ニケレバ,髻ヲ切テ法師ト成ニケリ,名ヲ寂照ト云フ〉(参河守大江定基出家語)などとあるのがそれである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android