コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯惟治 さえき これはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯惟治 さえき-これはる

?-1527 戦国時代の武将。
豊後(ぶんご)(大分県)栂牟礼(とがむれ)城主。大友義鑑(よしあき)に属していたが,逆心ありと告げ口され,大永(たいえい)7年義鑑配下の臼杵長景(うすき-ながかげ)に攻めほろぼされた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐伯惟治の関連キーワード尚真王マク氏黎朝崇元寺オルテリウス酒井忠次守礼門高三隆達フェリペ牡丹花肖柏

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android