コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大友義鑑 おおとも よしあき

7件 の用語解説(大友義鑑の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大友義鑑

室町後期・戦国時代の大名。豊後大友氏二十代宗家。義長の子。初名は親安・親敦。永正12年に家督相続後、豊後・肥後両国守護となり、室町幕府将軍に接近しつつ、豊後国内の朽網・大神・佐伯氏を討った。また肥後の菊池氏を圧迫、山口の大口氏と交戦し、大友家発展の基礎をつくった。天文19年(1550)歿、48才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大友義鑑 おおとも-よしあき

1502-1550 戦国時代の武将。
文亀(ぶんき)2年12月生まれ。大友義長の長男。大友宗麟(そうりん)の父。北九州の所領をめぐって大内義興(よしおき)・義隆とあらそうが,天文(てんぶん)7年和議が成立。豊後(ぶんご),筑後(ちくご),肥後3ヵ国の守護となった。末子を後継者にしようとして家臣にきられ,天文19年2月12日死去。49歳。幼名は塩法師丸。初名は親安,親敦。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大友義鑑

没年:天文19.2.12(1550.2.28)
生年:文亀2.12(1502)
戦国時代の武将。義長と阿蘇惟乗の娘の長男。名は親安,親敦,義鑑。通称五郎。修理大夫。永正12(1515)年,家督と豊後・筑後守護職を継ぐ。相続直後から朽網親満の乱以下,相次ぐ反乱を鎮圧し地盤を固める。弟重治を菊池家に入れ,肥後を支配。のちに重治は独立を図り,大内氏と結ぶ。天文初年以来,大内義隆と九州の覇権を争って戦う。天文12(1543)年肥後守護となり,豊後,筑後,肥後の支配を確立。義隆と九州支配を二分と自負。天文19年,長男義鎮(宗麟)の廃嫡を謀ったため家臣に殺された(二階崩れの変)。<参考文献>『増補訂正/編年大友史料』14~19巻

(福川一徳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおともよしあき【大友義鑑】

1502‐50(文亀2‐天文19)
戦国時代の大名。義長の子。親安,親敦,義鑑と名のる。豊後を本拠に筑後・肥後両国,豊前・筑前の一部を領有。1515年(永正12)ころ家を継ぐ。初政で前代からの一族の反乱軍になやまされたが,大内義興の援などもうけてのりきり,後に義興の安芸出兵に援軍を送ったりした。また肥後へは次男菊法師丸を菊池重治(義国,義宗,義武とも)として送り込んだ。義興の子義隆が武藤(少弐)氏を討つため九州へ出兵すると武藤氏を助けて兵を出したが敗れ,筑前の所領保証を条件に和平。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおともよしあき【大友義鑑】

1502~1550) 戦国大名。北九州諸国を征服。海外貿易を行う。後嗣争いで、義鎮(宗麟)擁立派の家臣に殺された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大友義鑑
おおともよしあき

[生]文亀2(1502).12.
[没]天文19(1550).2.13. 大分
戦国大名。義右の子。初名は親安。のち親敦と改め,さらに将軍足利義晴の1字をもらい義鑑と改め,修理大夫に任じられた。次第に勢力を伸ばして豊前,豊後,筑後,肥後の4ヵ国を領有し,大宰大弐大内義隆と対立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大友義鑑
おおともよしあき
(1502―1550)

戦国時代の武将。大友氏20代の当主。初め親安、のちに親敦。大内義隆(おおうちよしたか)との攻防ののち和睦し、子の晴英を義隆の猶子(ゆうし)とした。筑後(ちくご)、肥後(ひご)にも進出し、豊後(ぶんご)、豊前(ぶぜん)とともに4か国の守護となった。1550年(天文19)末子塩市丸(しおいちまる)を後継者にしようとしたが、嫡子塩法師丸(しおほうしまる)(義鎮(よししげ))派の家臣に襲われ、塩市丸は殺され、義鑑は重傷を受けた(2日後に死去)。駆けつけてきた義鎮に救出され、置文(おきぶみ)(遺言状)を記して義鎮に家督を譲ることになった。この置文は『大友義鑑の条々』といわれ、当時の家臣団構成、周辺諸勢力との関係、領国支配などについて重要な内容が含まれており、21代義鎮(宗麟(そうりん))にとっても大きな指針となった。[芥川龍男]
『渡辺澄夫著『大分の歴史4』(1977・大分合同新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大友義鑑の関連キーワード阿蘇惟敦阿蘇惟治阿蘇惟村阿蘇惟前阿蘇惟郷阿蘇惟直阿蘇惟成阿蘇惟政阿蘇惟将阿蘇惟光

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone