佐伯道淵(読み)さえき どうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯道淵 さえき-どうえん

1821-1890 江戸後期-明治時代の医師。
文政4年生まれ。熊本で医を村井琴山(きんざん)の子の炳に,漢籍を藩学訓導櫔原漆潭にまなぶ。帰郷して肥前平戸(長崎県)で開業。のち平戸藩主松浦詮(まつら-あきら)の侍医となった。明治23年死去。70歳。名は直温。別号に松濤庵。著作に「松濤庵詩稿」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android