コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村井琴山 むらいきんざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村井琴山
むらいきんざん

[生]享保18(1733).熊本
[没]文化12(1815).3.1. 熊本
江戸時代中期から後期の古方派医師。名はちゅう,字は大年,通称は椿寿。父見朴も医師で,盲目ながら熊本医学館の教授であった。父の講義を助け,父の死後,京都に行き,張仲景の『傷寒論』の価値を世に知らしめ,万病一毒説を唱えた吉益東洞について学び,帰郷して九州各地で,『傷寒論』を講述した。晩年に熊本藩医となる。著書に『医道二千年眼目編』『類聚方講義』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村井琴山 むらい-きんざん

1733-1815 江戸時代中期-後期の医師。
享保(きょうほう)18年7月16日生まれ。村井見朴(けんぼく)の長男。肥後(熊本県)の人。京都で吉益東洞(よします-とうどう)にまなび,九州各地に吉益流古医方をひろめた。50歳をすぎて熊本藩医となる。詩文にすぐれ,また琴曲をこのんだ。文化12年3月1日死去。83歳。名は杶。字(あざな)は大年。通称は椿寿(ちんじゅ)。著作に「医道二千年眼目編」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

村井琴山 (むらいきんざん)

生年月日:1733年7月16日
江戸時代中期;後期の医師
1815年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

村井琴山の関連キーワード田能村竹田武藤直記木村八甲佐竹蓬平生年月日佐伯道淵村井椿寿村井蕉雪帆足通楨張仲景後期

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android