コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐波銀次郎 さば ぎんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐波銀次郎 さば-ぎんじろう

1825-1891 幕末-明治時代の蘭学者。
文政8年10月12日生まれ。下総(しもうさ)佐倉藩(千葉県)藩士。同藩の手塚律蔵にまなび,安政3年藩命で箱館から樺太(からふと)を探検。文久2年幕府蕃書調所教授手伝。3年神奈川奉行に出向,外交文書の翻訳などにしたがう。明治24年2月1日死去。67歳。江戸出身。本姓は藤井。名はのち通任。共訳書に「万国図誌」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐波銀次郎の関連キーワード明治時代蘭学者

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android