佐波銀次郎(読み)さば ぎんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐波銀次郎 さば-ぎんじろう

1825-1891 幕末-明治時代の蘭学者。
文政8年10月12日生まれ。下総(しもうさ)佐倉藩(千葉県)藩士。同藩の手塚律蔵にまなび,安政3年藩命で箱館から樺太(からふと)を探検。文久2年幕府蕃書調所教授手伝。3年神奈川奉行に出向,外交文書の翻訳などにしたがう。明治24年2月1日死去。67歳。江戸出身。本姓は藤井。名はのち通任。共訳書に「万国図誌」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android