コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐渡島伝八 さどしま でんぱち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐渡島伝八 さどしま-でんぱち

?-1713* 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者,舞踊家。
初代佐渡島長五郎の父。京坂の道外方(どうけがた)で,所作事にすぐれる。元禄(げんろく)13年ごろ舞台をしりぞき,舞踊に専念し,佐渡島流をおこした。また振付師として「七変化」「碁盤人形」などの所作を考案した。正徳(しょうとく)2年12月12日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐渡島伝八の関連キーワード佐渡島長五郎(初代)佐渡島三郎左衛門三島佐渡八松風物舞踊家松風

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android