コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐渡島伝八 さどしま でんぱち

1件 の用語解説(佐渡島伝八の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐渡島伝八 さどしま-でんぱち

?-1713* 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者,舞踊家。
初代佐渡島長五郎の父。京坂の道外方(どうけがた)で,所作事にすぐれる。元禄(げんろく)13年ごろ舞台をしりぞき,舞踊に専念し,佐渡島流をおこした。また振付師として「七変化」「碁盤人形」などの所作を考案した。正徳(しょうとく)2年12月12日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐渡島伝八の関連キーワード狩野常信采覧異言ジブラルタルディドロ日本新永代蔵The Reviewアン女王戦争岩室[温泉]大橋宗桂祇園南海

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone