コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹義祚 さたけ よしとし

1件 の用語解説(佐竹義祚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹義祚 さたけ-よしとし

1818*-1858 江戸時代後期の画家。
文化14年12月16日生まれ。相馬樹胤(むらたね)の次男。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩主佐竹家の分家「東家」の養嗣子。書は市河米庵(べいあん),画は谷文晁(ぶんちょう)門下の岡田閑林にまなぶ。長崎派の写実にすぐれ,花鳥画のほか,文人画にちかい風景画をおおくのこしている。安政5年6月26日死去。42歳。初名は義矩。字(あざな)は永錫。号は松林堂,三斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐竹義祚の関連キーワード安政の大獄梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政高遠藩寄席ピーコック伊東玄朴

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone