コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤エミ子 さとう エミこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤エミ子 さとう-エミこ

1932- 昭和後期-平成時代の社会福祉家。
昭和7年8月26日生まれ。昭和28年上京し,看護婦,事務職員として病院に勤務。46年膠原(こうげん)病と筋無力症合併症と診断される。同年「膠原病友の会」の結成にくわわる。50年「全国難病連絡協議会」の事務局長・会長。52年には「あせび会」を結成し,レックリングハウゼン病など難病患者とその家族のための活動をすすめる。平成14年吉川英治文化賞。福島県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐藤エミ子の関連キーワード昭和

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐藤エミ子の関連情報