コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤三千夫 さとう みちお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤三千夫 さとう-みちお

1900-1922 大正時代の反戦運動家。
明治33年1月2日生まれ。大正8年ウラジオストクにわたり,マッチ工場ではたらく。社会主義思想に共鳴し,パルチザン部隊に入隊シベリア出兵の日本軍に戦争反対をよびかけ,また反革命軍とたたかう。大正11年12月4日ハバロフスク病死。23歳。宮城県出身。東北中学卒。変名は進。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤三千夫
さとうみちお
(1900―1922)

大正期の社会主義者。明治33年1月2日宮城県に生まれる。佐沼(さぬま)中学、東北中学を経て、簿記専修学校に入るが、すぐに中退し1919年(大正8)7月ウラジオストクに渡る。マッチ製造販売の木村商店勤務中に社会主義思想に共鳴し、パルチザン部隊に身を投じる。このころ「進」の名を用いる。日本のシベリア出兵軍に対して帝国主義戦争反対や撤兵要求の宣伝ビラを散布(さんぷ)するなど、侵略戦争、反革命と勇敢に戦う。大正11年12月4日、ハバロフスクの陸軍病院で死亡。[荻野富士夫]
『徳永直「日本人サトウ」(『人間』5巻7号所収・1950・目黒書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

佐藤三千夫の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android