コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤三千夫 さとう みちお

2件 の用語解説(佐藤三千夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤三千夫 さとう-みちお

1900-1922 大正時代の反戦運動家。
明治33年1月2日生まれ。大正8年ウラジオストクにわたり,マッチ工場ではたらく。社会主義思想に共鳴し,パルチザン部隊に入隊。シベリア出兵の日本軍に戦争反対をよびかけ,また反革命軍とたたかう。大正11年12月4日ハバロフスクで病死。23歳。宮城県出身。東北中学卒。変名は進。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤三千夫
さとうみちお
(1900―1922)

大正期の社会主義者。明治33年1月2日宮城県に生まれる。佐沼(さぬま)中学、東北中学を経て、簿記専修学校に入るが、すぐに中退し1919年(大正8)7月ウラジオストクに渡る。マッチ製造販売の木村商店勤務中に社会主義思想に共鳴し、パルチザン部隊に身を投じる。このころ「進」の名を用いる。日本のシベリア出兵軍に対して帝国主義戦争反対や撤兵要求の宣伝ビラを散布(さんぷ)するなど、侵略戦争、反革命と勇敢に戦う。大正11年12月4日、ハバロフスクの陸軍病院で死亡。[荻野富士夫]
『徳永直「日本人サトウ」(『人間』5巻7号所収・1950・目黒書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤三千夫の関連キーワード反戦運動阿波根昌鴻小沢遼子高見圭司根岸正吉林てる由比忠之進横石信一吉川勇一ベトナム反戦運動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone