佐藤祐之(読み)さとう すけゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤祐之 さとう-すけゆき

1796-1866 江戸時代後期の暦算家。
寛政8年生まれ。陸奥(むつ)栗原郡(宮城県)の人。河東田(かとうだ)直正の門人。経学,天文,和算などをまなび,一関(いちのせき)藩につかえた。讒言(ざんげん)にあって牡鹿郡江島に流されたが,ゆるされて栗原郡でおしえた。慶応2年5月6日死去。71歳。字(あざな)は子順。通称は大作。号は金華。著作に「天文精義」「天学鄙言」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android