コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤祐之 さとう すけゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤祐之 さとう-すけゆき

1796-1866 江戸時代後期の暦算家。
寛政8年生まれ。陸奥(むつ)栗原郡(宮城県)の人。河東田(かとうだ)直正の門人。経学,天文,和算などをまなび,一関(いちのせき)藩につかえた。讒言(ざんげん)にあって牡鹿郡江島に流されたが,ゆるされて栗原郡でおしえた。慶応2年5月6日死去。71歳。字(あざな)は子順。通称は大作。号は金華。著作に「天文精義」「天学鄙言」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐藤祐之の関連キーワード河東田直正

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android