コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐野美津男 さの みつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐野美津男 さの-みつお

1932-1987 昭和時代後期の児童文学者。
昭和7年12月16日生まれ。東京大空襲で家族をうしない,戦災孤児として放浪生活をおくる。昭和36年自伝的小説「浮浪児の栄光」を発表。39年阿部進らと現代子どもセンターを設立し,子ども学を提唱。相模(さがみ)女子大教授をつとめた。昭和62年5月9日死去。54歳。東京出身。蔵前工高修了。本名は暠俊(あきとし)。評論に「子どもにとって美は存在するか」,詩集に「宇宙の巨人」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐野美津男の関連キーワード鐘の鳴る丘

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android