佐須景満(読み)さす かげみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐須景満 さす-かげみつ

?-1590 織豊時代の武将。
天正(てんしょう)9年家督を相続して対馬(つしま)(長崎県)守護代となり,主家宗義調(そう-よししげ),義智(よしとし)を補佐する。豊臣秀吉が朝鮮国王朝貢の交渉を義調に命じたおり,その是非をめぐって家中の柳川調信(しげのぶ)と対立。調信にはかられ,天正18年3月11日義智の兵に殺害された。初名は調満。通称は彦十郎,のち兵部(ひょうぶ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android