何れか(読み)イズレカ

デジタル大辞泉の解説

いずれ‐か〔いづれ‐〕【何れか】

[連語]
(打消しの述語で応じ、反語の意で結ぶことが多い)多くある中で、どれが…か。どちらが…か。
「生きとし生けるもの、―歌を詠まざりける」〈古今仮名序
どれもこれも。どちらも。
「―愚かなるはひとりもなし」〈浮・織留・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いずれか【何れか】

( 連語 )
疑問を表す。どちらが…か。どれが…か。 「雲もみな浪とぞ見ゆる海士もがな-海と問ひて知るべく/土左」
反語を表す。いったいどれが。 「生きとし生ける物、-歌をよまざりける/古今 仮名序

どれか【何れか】

( 連語 )
不定の事物、はっきりしない物事を指し示す。 「自分の靴が-わからなくなってしまった」 「本物は-教えてください」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いずれ【何れ】 か

① 二者(あるいはそれ以上)のうち、どれが選ばれるかという疑問や反語を表わす。どれが…か。どちらが…か。
(イ) 疑問を表わす。
※後撰(951‐953頃)恋四・八八八「帰るべき方も覚えず涙河いづれか渡る浅瀬なるらん」
(ロ) 反語を表わす。
※古今(905‐914)仮名序「生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざりける」
② (①の誤用から) どれもこれも。どちらも。
※謡曲・忠度(1430頃)「げに漁(いさ)りの海人小舟(あまをぶね)、藻塩の煙松の風、いづれか淋しからずといふことなき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何れかの関連情報