コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海人小舟/蜑小舟 アマオブネ

2件 の用語解説(海人小舟/蜑小舟の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あま‐おぶね〔‐をぶね〕【海人小舟/×蜑小舟】

[名]
海人の乗る小舟。
「白波の八重折るがうへに―はららに浮きて」〈・四三六〇〉
アマオブネガイの別名。
[枕]船が停泊することを「泊(は)つ」というところから、「はつ」にかかる。
「―泊瀬(はつせ)の山に降る雪の」〈・二三四七〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あまおぶね【海人小舟】

( 名 )
海産の巻貝。殻は高さ約3センチメートルの半球形。殻表は黒色で、不規則に白帯が巻く。房総以南に分布し、岩礁に多産する。
漁夫の乗る小舟。 「 -はららに浮きて/万葉集 4360
( 枕詞 )
船が泊まることを「はつ」ということから、地名「泊瀬はつせ」にかかる。 「 -泊瀬の山に降る雪の/万葉集 2347

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海人小舟/蜑小舟の関連キーワード八雲海人の刈藻・海人の苅藻鶴駕御座船乗機白波の普賢象海人舟捨小舟奈良の八重桜