藻塩(読み)モシオ

デジタル大辞泉の解説

も‐しお〔‐しほ〕【藻塩】

海藻からとった塩。海藻を簀(す)の上に積み、いく度も潮水を注ぎかけて塩分を多く含ませ、これを焼いて水に溶かし、その上澄みを煮つめて製する。
「わくらばに問ふ人あらば須磨のうらに―たれつつわぶとこたへよ」〈古今・雑下〉
1をつくるためにくむ潮水。
「―くむ袖の月影おのづからよそにあかさぬすまの浦人」〈新古今・雑上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もしお【藻塩】

海藻類に海水をそそぎかけて塩分を多く含ませ、それを焼いて水にとかし、そのうわずみを煮詰めてつくる塩。また、それをつくるためにくむ海水。 朝なぎに玉藻刈りつつ夕なぎに-焼きつつ/万葉集 935

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

も‐しお ‥しほ【藻塩】

〘名〙
海藻を簀の上に積み、潮水を注ぎかけて塩分を多く含ませ、これを焼いて水に溶かし、その上(うわず)みを釜で煮つめて製した塩。また、その製塩法。
万葉(8C後)六・九三五「朝凪(あさなぎ)に 玉藻刈りつつ 夕凪に 藻塩(もしほ)焼きつつ」
を製するために汲む潮水。
※新古今(1205)雑上・一五五七「もしほくむ袖の月影おのづからよそにあかさぬすまの浦人〈藤原定家〉」
③ 植物「あまも(甘藻)」の異名
[語誌](1)藻はあくまでも海水を濃縮するためのもので、焼きはしない、という説もある。
(2)平安時代の製塩法については、「奥義抄」(一一三五‐四四年頃)に砂を利用して塩を作っていたことが記されている。当時、藻塩製塩法は既に過去のものであり、「もしほ」は、製塩の実態とは離れて、和歌の世界にのみ存在する語となっていたとも考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藻塩の関連情報