コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藻塩 モシオ

2件 の用語解説(藻塩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

も‐しお〔‐しほ〕【藻塩】

海藻からとった塩。海藻を簀(す)の上に積み、いく度も潮水を注ぎかけて塩分を多く含ませ、これを焼いて水に溶かし、その上澄みを煮つめて製する。
「わくらばに問ふ人あらば須磨のうらに―たれつつわぶとこたへよ」〈古今・雑下〉
1をつくるためにくむ潮水。
「―くむ袖の月影おのづからよそにあかさぬすまの浦人」〈新古今・雑上〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もしお【藻塩】

海藻類に海水をそそぎかけて塩分を多く含ませ、それを焼いて水にとかし、そのうわずみを煮詰めてつくる塩。また、それをつくるためにくむ海水。 「朝なぎに玉藻刈りつつ夕なぎに-焼きつつ/万葉集 935

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藻塩の関連情報