コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藻塩 モシオ

デジタル大辞泉の解説

も‐しお〔‐しほ〕【藻塩】

海藻からとった塩。海藻を簀(す)の上に積み、いく度も潮水を注ぎかけて塩分を多く含ませ、これを焼いて水に溶かし、その上澄みを煮つめて製する。
「わくらばに問ふ人あらば須磨のうらに―たれつつわぶとこたへよ」〈古今・雑下〉
1をつくるためにくむ潮水。
「―くむ袖の月影おのづからよそにあかさぬすまの浦人」〈新古今・雑上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もしお【藻塩】

海藻類に海水をそそぎかけて塩分を多く含ませ、それを焼いて水にとかし、そのうわずみを煮詰めてつくる塩。また、それをつくるためにくむ海水。 「朝なぎに玉藻刈りつつ夕なぎに-焼きつつ/万葉集 935

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藻塩の関連キーワード広島県呉市蒲刈町大浦鶴岡八幡宮例大祭対馬ひじき藻塩小倉百人一首南日 恒太郎我人・和人南日恒太郎和田 玉邦佐々木松雨昆布の水塩一支国の塩和田定胤在原行平松帆の浦玉木正英海人少女国民之友藻塩物語敷津の浦藤原定家

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藻塩の関連情報