コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠度 ただのり

5件 の用語解説(忠度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忠度
ただのり

能の曲名。二番目物世阿弥作。もと藤原俊成に仕えていた旅僧 (ワキ) が,須磨の浦で,平忠度ゆかりの若木の桜のもとで追善する一人の老人 (前シテ) に出会う。老人は忠度の霊の仮の姿であった (中入り) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ただのり【忠度】

謡曲。二番目物世阿弥作。須磨の浦で野宿した僧の夢に平忠度の霊が現れ、読み人知らずとなっている千載集の自作の歌に作者名をつけてほしいと頼み、一の谷の戦いでの最期のありさまを語る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ただのり【忠度】

能の曲名。二番目物。修羅物。世阿弥作。シテは平忠度の霊。旅の僧(ワキ)が須磨の浦で山から薪を運ぶ老人(前ジテ)に出会い,平忠度にゆかりのある桜の木のもとで,忠度の弔いを頼まれる。老人は忠度の霊の仮の姿であった。夜になると霊(後ジテ)が昔の姿で現れ,自分の歌が《千載集》に採られた際に,勅敵であるために〈読み人知らず〉と記されたことを嘆き,旅僧が撰者の藤原俊成の家に居た人であるのを頼りに,俊成の子の定家に訴えることを頼む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ただのり【忠度】

能の一。二番目物。世阿弥作。「平家物語」や「源平盛衰記」に基づく。源平の合戦で討ち死にした平忠度の霊が、自分の詠歌が「千載集」に「読人知らず」として入集されたことに対する苦情を訴え、勇壮な最期を見せるという筋。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忠度
ただのり

能の曲目。二番目物。五流現行曲。世阿弥(ぜあみ)作。典拠は『平家物語』。他の修羅能では、敗戦の苦しみと修羅道の責め苦を訴えて亡霊が登場するが、平忠度の霊は、和歌の執心のためにあの世からやってくる。藤原俊成(しゅんぜい)に仕えた者(ワキ)が俊成の没後に僧となり、須磨(すま)の浦に立ち寄る。潮汲(く)みの老人(前シテ)が現れ、忠度戦死の記念の桜に手向けをする。宿を借りたいという僧に、老人は忠度の和歌を引いて、この花の下ほどの宿りはあるまいとこたえ、自分が忠度の亡霊であることをほのめかして消える。僧の夢に武装りりしい忠度(後シテ)が現れ、『千載(せんざい)集』に入集した自分の歌が朝敵ゆえに読み人知らずの扱いであることの不満を述べ、俊成の子の定家(ていか)に作者名を発表してくれるよう伝言を頼む。そして都落ちに際して作品を俊成に託したこと、一ノ谷での戦死のありさまを語り回向(えこう)を願って消える。1人のシテが忠度自身であると同時に、戦いの相手の岡部六弥太(ろくやた)ともなり、またそれに第三者の客観描写や詠嘆までも加わるのは、能の演技の特徴である。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の忠度の言及

【須磨都源平躑躅】より

…1730年(享保15)11月4日(番付による)から大坂竹本座初演。《平家物語》《源平盛衰記》を題材としながら,直接には,謡曲《忠度(ただのり)》,近松門左衛門作の1686年(貞享3)7月《千載集》(作者推定),同年初冬《薩摩守忠度》,88年(元禄1)《念仏往生記》(作者推定,改題本《大原問答》《大原問答青葉笛》《須磨寺青葉笛》)などを先行作とする。別名題《源平魁躑躅(さきがけつつじ)》。…

※「忠度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

忠度の関連キーワード修羅物清経梅枝兼平二番目物通盛頼政経政二番目狂言花筐

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

忠度の関連情報