コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何首烏 カシュウ

大辞林 第三版の解説

かしゅう【何首烏】

ツルドクダミの異名。また、その塊根を乾かしたもの。漢方で緩下・整腸薬とする。 〔俚言集覧〕
カシュウイモ に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

何首烏
かしゅう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

何首烏 (カシュウ)

植物。ヤマノイモ科のつる性多年草。カシュウイモの別称

何首烏 (ツルドクダミ)

学名:Pleuropterus multiflorus
植物。タデ科の落葉性つる植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の何首烏の言及

【ツルドクダミ】より

…堅果は三稜形,長さ2.5mm。乾燥した塊根は漢方で何首烏(かしゆう)とよぶ。エモディンemodinやクリソファノールchrysophanolを含有し,強壮剤,緩下剤として用いられる。…

※「何首烏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

何首烏の関連キーワードニガカシュウヤマガシュウ当帰飲子カシュウ整腸薬蔓蕺異名

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android