コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余所余所 ヨソヨソ

デジタル大辞泉の解説

よそ‐よそ【余所余所】

[名・形動ナリ]
互いに離れていること。また、そのさま。別れ別れ。ほかほか。
「頼もしき筋ながらも、―にならひ給へるは」〈若紫
縁や関係がないこと。また、そのさま。
「帝の御むすめをもち奉り給へる人なれど、―にて悪しくも良くもあらむは」〈浮舟
所在をほのめかしていう語。そこらあたり。
「その銀(かね)で―のお山が一つ買うてみたいと」〈浄・重井筒
便所をいう女房詞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よそよそ【余所余所】

( 形動ナリ )
別れ別れになっているさま。別別。 「玉くしげ身は-になりぬとも/後拾遺 雑二
よそよそしいさま。 「いみじき事ありとも-にならじと契りける人/馬内侍集」
所在をほのめかしていう語。そこらあたり。あちらの方。 「銀貰うてからその銀で、-のお山が一つ買うてみたい/浄瑠璃・重井筒

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android