コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余響 ヨキョウ

デジタル大辞泉の解説

よ‐きょう〔‐キヤウ〕【余響】

音の消えたあとまで残るひびき
「唸るように長く尾を曳く其の―を聞くと」〈荷風・夢の女〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よきょう【余響】

音が消えたあとに残るひびき。余韻。 「此くて砲声一発忽ち空中に轟き-遥に雲際に鳴りて殷然たり/八十日間世界一周 忠之助

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

余響の関連キーワード岩溪 裳川青木金山野村藤陰唐詩品彙梁川星巌加藤里路賀茂水穂石川金谷殷然