余響(読み)ヨキョウ

大辞林 第三版の解説

よきょう【余響】

音が消えたあとに残るひびき。余韻。 「此くて砲声一発忽ち空中に轟き-遥に雲際に鳴りて殷然たり/八十日間世界一周 忠之助

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android