佚存叢書(読み)いっそんそうしょ

  • いつぞんそうしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国では散逸し,日本に伝わる中国の書籍(佚存書)を集めた江戸時代の叢書林述斎編。60冊。寛政11(1799)年から文化6(1809)年の間に 6回にわたり刊行。『古文孝経』『五行大義』『臣軌』『楽書要録』『両京新記』『李嶠雑詠』『文館詞林』『文公朱先生感興詩一巻一冊』『武夷櫂歌一巻一冊』『泰軒易伝』『左氏蒙求』『唐才子伝』『王翰林集註黄帝八十一難経五巻』『古本蒙求』『崔舎人玉堂類稿西垣類稿竝附録二十二巻』『周易新講義』『景文公集』の 17種が収められている。いずれも高い価値をもつもので,まもなく中国に逆輸入されて中国の叢書に取り入れられ,近年には全部の影印本が出版されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

林述斎の編集した中国古書の叢書。寛政(1789‐1801),文化(1804‐18)年間に完成した。すべて中国本土では滅び,日本にのみ伝わる書物で,計17種。宋の欧陽修の《日本刀歌》に,〈徐福行く時書未だ焚(や)かれず,佚書百篇今なお存す〉とあるのによって名づけた。刊行は清の嘉慶年間(1796‐1820)に当たるが,阮元(げんげん)は早速この中から《五行大義》《両京新記》などを取り,自分の編集する《四庫未収書目提要》中で紹介した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

中国では散逸したが日本に伝存する漢籍16種を収めて叢書としたもの。三六冊。林述斎編。1799~1810年刊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

書名。林述斎の編。中国ではすでに散逸してしまい、日本にだけ現存していた漢籍を集めて叢書にしたもの。「古文孝経」以下一六種が収められている。寛政一一年(一七九九)から文化七年(一八一〇)まで、六回にわたって出版された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android