コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佚存叢書 いっそんそうしょ

4件 の用語解説(佚存叢書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佚存叢書
いっそんそうしょ

中国では散逸し,日本に伝わる中国の書籍(佚存書)を集めた江戸時代の叢書。林述斎編。60冊。寛政11(1799)年から文化6(1809)年の間に 6回にわたり刊行。『古文孝経』『五行大義』『臣軌』『楽書要録』『両京新記』『李嶠雑詠』『文館詞林』『文公朱先生感興詩一巻一冊』『武夷櫂歌一巻一冊』『泰軒易伝』『左氏蒙求』『唐才子伝』『王翰林集註黄帝八十一難経五巻』『古本蒙求』『崔舎人玉堂類稿西垣類稿竝附録二十二巻』『周易新講義』『宋景文公集』の 17種が収められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いつぞんそうしょ【佚存叢書】

中国では失われたが、日本にだけ現存していた漢籍の叢書。110巻60冊。林述斎編。寛政11年~文化7年(1799~1810)刊。「古文孝経」など16種を収録。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いっそんそうしょ【佚存叢書】

林述斎の編集した中国古書の叢書。寛政(1789‐1801),文化(1804‐18)年間に完成した。すべて中国本土では滅び,日本にのみ伝わる書物で,計17種。宋の欧陽修の《日本刀歌》に,〈徐福行く時書未だ焚(や)かれず,佚書百篇今なお存す〉とあるのによって名づけた。刊行は清の嘉慶年間(1796‐1820)に当たるが,阮元(げんげん)は早速この中から《五行大義》《両京新記》などを取り,自分の編集する《四庫未収書目提要》中で紹介した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いつぞんそうしょ【佚存叢書】

中国では散逸したが日本に伝存する漢籍16種を収めて叢書としたもの。三六冊。林述斎編。1799~1810年刊。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佚存叢書の関連キーワード金台錫宇治大納言物語日本国見在書目録文館詞林漢籍儀鳳暦古音三易清楽高原の神舞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone