コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三圃式農業 さんぽしきのうぎょうthree-field system

3件 の用語解説(三圃式農業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三圃式農業
さんぽしきのうぎょう
three-field system

中世ヨーロッパで広く行われた農業形態。畑作を主とするヨーロッパでは,連作による地力の消耗を防ぐために耕地を3つに区分し,1つを休閑とする輪作が行われた。耕地は夏作物 (大麦,からす麦,じゃがいも,豆類など) と冬作物 (小麦,ライ麦など) の作付けにあて,休閑地に家畜 (牛,馬,羊,豚など) を放牧,その糞尿により地力の回復をはかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さんぽしき‐のうぎょう〔‐ノウゲフ〕【三×圃式農業】

農地を3分し、冬畑・夏畑・休耕地とし、年々順次交替させて行う作付け方式。地力の消耗を防ぐことを目的とする。中世ヨーロッパで一般的であった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぽしきのうぎょう【三圃式農業】

中世ヨーロッパで行われた耕作法。村落全体の畑地を夏畑・冬畑・休閑地に三分して、作付けと休閑を繰り返して地力を回復させる方法。三圃制度。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone