コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代田法 だいでんほうDai-t`ien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

代田法
だいでんほう
Dai-t`ien

中国,前の武帝時代に趙過が考案した農法。幅1歩 (6尺,1尺は約 23cm) ,長さ 240歩の帯状の耕地に,縦に幅1尺,深さ1尺,間隔1尺,長さ 240歩のけん (溝) を3本造って,そこに作物を播種し,翌年は前年のけんとけんとの間 (壟〈ろう〉。うね) をけんとしてけんの位置を交代させる農法。作物が生育するにつれて壟上の雑草を除去し,その土をけん中の苗根に土寄せしたから,除草,耐風,耐旱の効果もあり,しかもこのために耕 (すき) を考案し,2牛3人による一貫作業を奨励したので,従来の農法よりも1畝あたり1~2石の増収になったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいでんほう【代田法 Dài tián fǎ】

中国,前漢武帝の末年,捜粟都尉趙過が普及させた農法。華北とくに河東,弘農,三輔の地,および居延その他の辺境が対象となった。その内容は,戸1頃(1頃は4.5ha)を基準にした5戸に政府で製作した犂をもって耕作させる方法。犂は2本の犂先を持ち,2牛3人で作業する大型のもので,この犂で田に1尺間隔に深さ1尺,幅1尺の甽(みぞ)と,幅1尺,高さ1尺の畝(うね)を交互に作り,甽中に播種し苗が3葉を出すころから苗の生長に従って畝の土を甽に落としてゆく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

代田法
だいでんほう

中国、前漢の武帝(在位前141~前87)の末年、捜粟都尉(そうぞくとい)の趙過(ちょうか)が改良した新農法。その方法は、広さ6尺(1尺=23センチメートル)、長さ240歩(1歩=6尺)の耕地(畝)に、広さ・深さともに1尺、長さ240歩の(みぞ)を1尺置きに3本つくり、播種(はしゅ)栽培するものであるが、このとその間にできる1尺幅の壟(うね)とを毎年交代させて耕作するところに代田法の名は由来する。この方法は「后稷(こうしょく)の古法」といわれ、従来は耜(ふみすき)によって耕作したのであるが、趙過がそれを2牛3人の基本的労働組織による本格的な牛犂(ぎゅうり)農法に改良したものである。[渡辺信一郎]
『西嶋定生著『中国経済史研究』(1966・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

代田法の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)作付け

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android