コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作田啓一 さくた けいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

作田啓一 さくた-けいいち

1922- 昭和後期-平成時代の社会学者。
大正11年1月31日生まれ。作田荘一の長男。折目博子の夫。昭和41年母校京大の教授,のち甲南女子大教授。戦後の日本人と日本社会を分析・研究し,戦争責任の論理などを追究した。山口県出身。著作に「の文化再考」「価値の社会学」「生の欲動」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の作田啓一の言及

【日本社会論】より

…実際それらが,日本の社会組織の基本要素なのである。なかでも〈家〉が日本の組織の原型(つまり作田啓一のいう〈原組織〉)の拠点であるとする説が有力である。 たとえば,法社会学者,川島武宜の〈日本社会の家族的構成〉説がそうである。…

※「作田啓一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

作田啓一の関連キーワード契約(当事者間の合意)タテマエとホンネ比較社会学大衆文化菊と刀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作田啓一の関連情報