コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

併合請求の裁判籍 へいごうせいきゅうのさいばんせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

併合請求の裁判籍
へいごうせいきゅうのさいばんせき

一つの訴えで複数の請求をする場合には,受訴裁判所は本来各請求について管轄権をもたなければならないが,そのうちの一つについて管轄権をもっていさえすれば,それに便乗して他のすべての請求についても管轄権が生ずるものとすること (民事訴訟法) 。関連管轄の一種。これが訴えの客観的併合の場合に適用されることについては異論をみないが,訴えの主観的併合 (共同訴訟 ) の場合にも適用があるか否かについては争いがあり,訴訟の目的たる権利または義務が数人につき共通であるとき,または同一の事実上および法律上の原因に基づくときに限定して適用を認めるのが判例・通説である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

併合請求の裁判籍の関連キーワード牽連管轄

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android