コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使い分ける ツカイワケル

デジタル大辞泉の解説

つかい‐わ・ける〔つかひ‐〕【使い分ける】

[動カ下一][文]つかひわ・く[カ下二]場合・目的・用途などに応じて、選んで使う。「相手によって応対する態度を―・ける」「道具を―・ける」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つかいわける【使い分ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 つかひわ・く
目的や用途、また場面に応じて適切なものを選んで使う。 「まないたを-・ける」 「言葉を-・ける」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

使い分けるの関連キーワードThickケーブル/Thinケーブルポートフォリオ・グラフィックスツープラトーンシステムハイブリッド車(HV)ダイコンの部位と食べ方FlashPix秀峰アルプス正宗浄水器・整水器ブルーテソースWスタンダードハンドピースウェットヘアダブルネーム半透過型液晶血圧降下剤なにわ刷毛3Dタッチゆきの美人布勢の桜姫ほしいずみ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

使い分けるの関連情報