コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使う/遣う(読み)ツカウ

デジタル大辞泉の解説

つか・う〔つかふ〕【使う/遣う】

[動ワ五(ハ四)]
人に何かの働きをさせる。人を雇ったり、言いつけたりして用をさせる。「人を―・って事業を始める」「人に―・われる」
物などをある目的のために用いる。道具・材料などを役立たせる。使用する。利用する。「マイクを―・って講義する」「不正に―・われる」「魚介を―・った料理」「この食品は防腐剤を―・っておりません」
目的を遂げる手段・方法としてあることをする。「賄賂(わいろ)を―・う」「色目を―・う」「仮病を―・う」
容易には扱えないものをたくみに動かす。あやつる。また、自在に言葉を話す。「手品を―・う」「人形を―・う」「フランス語を―・う」
あれこれと注意を払って心を働かせる。「気を―・う」「細かい神経を―・う」
物・金銭・時間などを、何かをするのに当ててその量や額を減らす。消費する。ついやす。「金を―・う」「時間を有効に―・う」
特定の語と結びついて、それを用いての行為を表す。「弁当を―・う」「湯を―・う」
保つ。
「あひ戦はむとすとも、かの国の人来なば、猛(たけ)き心―・ふ人も、よもあらじ」〈竹取
用いる[用法]
[可能]つかえる
[下接句]顎(あご)で使う頤(おとがい)で人を使う金持ち金使わず烏(からす)を鵜(う)に使う気を遣う心を使う声色(こわいろ)を遣う舌を二枚に使う・袖(そで)の下を使う・空(そら)を使う出しに使う立っている者は親でも使え玉に使う人を使うは苦を使う篦(へら)を使う湯水のように使う・宵越しの銭は使わぬ・留守を使う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android