例時懺法(読み)レイジセンボウ

精選版 日本国語大辞典の解説

れいじ‐せんぼう ‥センボフ【例時懺法】

〘名〙 仏語。天台宗で、朝の懺法と夕方の例時との、一日二回の勤行。朝に法華懺法を修し、夕方に阿彌陀経を読誦する。朝懺法夕例時ともいう。
※高倉院升遐記(1182)「朝夕のれいじせん法に上りあはんと営みしも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android