コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懺法 せんぼう

4件 の用語解説(懺法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

懺法
せんぼう

仏教用語。諸経典の諸説によって罪を懺悔する儀式の法則。懺儀 (せんぎ) ともいう。懺悔の方法には,戒律を破った罪を僧や仏の前で懺悔するものと,業道による方法とがある。懺儀は中国で梁代以来盛んに行われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せん‐ぼう〔‐ボフ〕【×懺法】

経を誦(じゅ)して罪過を懺悔(さんげ)する法要。法華懺法観音懺法などがある。
1のときに誦する経文偈(げ)文
懺悔の方法を説いた書。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せんぼう【懺法】

(1)仏事の法要の分類名。経を読誦して罪過を懺悔(さんげ)する法要で,天台系の《法華懺法》と禅系の《観音懺法》が有名である。構成は両者でかなり違っているが,その中心は敬礼段(きようらいだん)(頂礼段),懺悔段,経段にある。敬礼段は,法華経または観音菩薩に縁のある仏菩薩等の名号(みようごう)を連ねて敬う。懺悔段は心身の犯した罪を懺悔する。経段は,《法華懺法》では法華経の安楽行品(あんらくぎようほん)を読誦し,《観音懺法》では消伏毒害陀羅尼等の三陀羅尼を読誦する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

懺法
せんぼう

仏教における懺悔(さんげ)(悔過(けか)ともいう)の行法、または法会(ほうえ)の儀式およびその儀則。諸仏菩薩(ぼさつ)に礼拝(らいはい)して自らの罪過を仏前に告白して容認を乞(こ)い、罪業を免れることが基調で、懺悔・悔過の行法を内容とする経論から抄出したものが、中国仏教で4、5世紀ころから治病除災などの現世得益のため行われた。それらは梁(りょう)の武帝により、仏名経典と合して『慈悲道場(じひどうじょう)懺法』10巻に編集されたが、天台智(ちぎ)は止観の行法として、在来のものを『法華三昧懺儀(ほっけさんまいせんぎ)・方等(ほうとう)三昧行法・請観世音(しょうかんぜおん)懺法・金光明(こんこうみょう)懺法・方等懺法・敬礼法』とつくり直して類形化し、『円覚経(えんがくきょう)道場修証儀(しゅしょうぎ)』18巻、『華厳経礼懺儀(けごんきょうらいせんぎ)』42巻など膨大なものまでつくられた。日本では、法華三昧懺儀の抄出である法華懺法をさし、宮中で先帝の御忌(ぎょき)に用いられ、天台宗勤行儀(ごんぎょうぎ)ともなっている。東大寺の御水取(おみずとり)に用いる「吉祥悔過法(きっしょうけかほう)」や勅会(ちょくえ)の御仏名会(おぶつみょうえ)も懺法であり、舎利(しゃり)懺法、薬師(やくし)懺法、弥陀(みだ)懺法などがある。[塩入良道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の懺法の言及

【延暦寺】より

…古来,山僧の多くは山上に住まず,東西坂本および洛中に里坊(さとぼう)を有したが,今では主として東坂本(大津市坂本)に集住し,ここには最澄生誕地と伝える生源寺,座主の住坊である滋賀院門跡をはじめ多くの住院がある。
[法会]
 《三宝絵詞》(984年源為憲撰)には,叡山で行われる毎年の法会として,1,4,7,10月に各21日間ずつ行う懺法(せんぼう)(812年最澄始修),3月と9月の15日に行う勧学会(964年始修,山僧20人と大学寮学生20人が坂本の寺に会し,朝は法華経を講じ,夕は念仏を行い,終夜,讃仏の詩文を作る),4月の花の盛りに行う舎利会(860年円仁始修),4月15日以前に行う授戒会(823年始),6月4日,最澄の忌日に行う六月会(みなづきえ),8月11日から17日まで行う不断念仏(865年円仁始修),9月15日に行う灌頂(843年円仁始修),11月24日の天台大師忌に行う霜月会(798年最澄始修)を掲げる。このうち六月,霜月の両会はとくに重んじられ,5年に1度,好季を選んで両会同時に修し,これを法華大会という。…

【朝長】より

…それは,平治の乱の敗戦で東国に落ちのびてきた源義朝の一行を,長は自分の家に泊めたが,重傷の次男朝長は父たちのことを考えて夜中に自害し,短い生涯を終えたといい(〈語り・上歌(あげうた)等〉),僧を自分の家に伴う。僧が観音懺法(かんのんせんぼう)の法要を勤めると,夜半に朝長の霊(後ジテ)が昔の姿で現れる。朝長は,兄義平や弟頼朝が敵に捕らえられ,父の義朝は家臣の長田(おさだ)に討たれるなど一門が不運をたどるなかで,青墓の宿の長が自分たちを親身に世話し,死後の弔いまで続けてくれていることに感謝し(〈クセ〉),今の修羅道の苦しみや,最後の戦いで膝を射られて重い手傷を負ったことなどを物語る(〈ロンギ・中ノリ地〉)。…

※「懺法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

懺法の関連キーワード四箇法要二箇法要仏事法華懺法読誦例時作法玄常悔過作法講讃曼陀羅供

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

懺法の関連情報