例時(読み)レイジ

デジタル大辞泉の解説

れい‐じ【例時】

いつものきまりの時間。例刻。「例時に会議が始まる」

㋐寺院で、いつもきまった時刻に行う勤行(ごんぎょう)。
㋑「例時作法」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れいじ【例時】

決まっているいつもの時刻。
〘仏〙「例時作法」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れい‐じ【例時】

〘名〙
① 常のきまりの時間。きまっているいつもの時刻。例の時。
※日本往生極楽記(983‐987頃)成意「数年之後、命弟子僧曰、今日之食倍於常量、早例時。弟子等晨炊供進」
② 仏語。寺院でいつもきまった時刻にする勤行(ごんぎょう)。特に、天台宗で行なう例時作法(れいじさほう)をさしていう。
※栄花(1028‐92頃)玉のうてな「心あるかぎり四五人契りて、この御堂の例時にあふわざをなんしける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android