コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

例時作法 レイジサホウ

世界大百科事典 第2版の解説

れいじさほう【例時作法】

仏事の法要名。《阿弥陀経》を読誦して阿弥陀如来の救いを求める法要。天台系諸宗で常用するが,浄土系などにも勤める宗派がある。《阿弥陀経》の読誦,フシを付けて阿弥陀仏名号(みようごう)を唱える〈甲念仏(こうねんぶつ)〉〈合殺(かつさつ)〉(毘盧舎那仏(ひろしやだふ)の連呼)等を中心に,その前に《三礼文(さんらいもん)》《奉請(ぶじよう)》,その後に《回向(えこう)》《後唄(ごばい)》等の声明曲(しようみようきよく)を配し,さらに法要の最初と最後に〈伽陀(かだ)〉を唱える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れいじさほう【例時作法】

天台宗で、夕刻、時を定めて行う勤行ごんぎよう。円仁が中国から伝えたとする。引声いんぜいというゆるやかな曲調で阿弥陀あみだ経を読誦する。例時。阿弥陀懺法せんぽう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

例時作法の関連キーワード例時懺法・例時懴法朝題目に宵念仏仏事円仁例時

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android