コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

例時作法 レイジサホウ

3件 の用語解説(例時作法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れいじ‐さほう〔‐サホフ〕【例時作法】

天台宗で、毎夕定時に引声(いんぜい)阿弥陀経を読誦する勤行。例時懺法(れいじせんぼう)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

れいじさほう【例時作法】

仏事の法要名。《阿弥陀経》を読誦して阿弥陀如来の救いを求める法要。天台系諸宗で常用するが,浄土系などにも勤める宗派がある。《阿弥陀経》の読誦,フシを付けて阿弥陀仏の名号(みようごう)を唱える〈甲念仏(こうねんぶつ)〉〈合殺(かつさつ)〉(毘盧舎那仏(ひろしやだふ)の連呼)等を中心に,その前に《三礼文(さんらいもん)》《奉請(ぶじよう)》,その後に《回向(えこう)》《後唄(ごばい)》等の声明曲(しようみようきよく)を配し,さらに法要の最初と最後に〈伽陀(かだ)〉を唱える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

れいじさほう【例時作法】

天台宗で、夕刻、時を定めて行う勤行ごんぎよう。円仁が中国から伝えたとする。引声いんぜいというゆるやかな曲調で阿弥陀あみだ経を読誦する。例時。阿弥陀懺法せんぽう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

例時作法の関連キーワード阿弥陀経阿弥陀仏阿弥陀阿弥陀ヶ峰阿弥陀号阿弥陀三尊阿弥陀法西方阿弥陀阿弥陀割引声阿弥陀経

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone