コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

依田康国 よだ やすくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

依田康国 よだ-やすくに

1570-1590 織豊時代の武将。
元亀(げんき)元年生まれ。依田信蕃(のぶしげ)の長男。依田康勝の兄。徳川家康につかえ父とともに家康の信濃(しなの)(長野県)経営に力をつくす。天正(てんしょう)11年家康から松平の姓をあたえられて父の遺領をつぎ,小諸(こもろ)城にうつる。18年4月26日上野(こうずけ)石倉城攻めで,不慮の死をとげた。21歳。姓は別に芦田。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

依田康国の関連キーワード松平康国芦田康国

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android