コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

依田康国 よだ やすくに

1件 の用語解説(依田康国の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

依田康国 よだ-やすくに

1570-1590 織豊時代の武将。
元亀(げんき)元年生まれ。依田信蕃(のぶしげ)の長男。依田康勝の兄。徳川家康につかえ父とともに家康の信濃(しなの)(長野県)経営に力をつくす。天正(てんしょう)11年家康から松平の姓をあたえられて父の遺領をつぎ,小諸(こもろ)城にうつる。18年4月26日上野(こうずけ)石倉城攻めで,不慮の死をとげた。21歳。姓は別に芦田。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

依田康国の関連キーワード石山戦争元亀利府城狩野永徳坂井政尚トルレス森可成長島一揆一柳直末山田ジュスト

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone