コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

依田信蕃 よだ のぶしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

依田信蕃 よだ-のぶしげ

1548-1583 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)17年生まれ。芦田(依田)信守の子。はじめ武田氏に,武田氏滅亡後は徳川家康につかえ,信濃(しなの)(長野県)諏訪(すわ)・佐久両郡を領有した。上田城主の真田昌幸(さなだ-まさゆき)の帰属につくすなど家康の同国経略の推進者だったが,佐久岩尾城攻撃中討ち死にした。天正(てんしょう)11年2月23日死去。36歳。信濃出身。通称は源十郎,右衛門佐。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

依田信蕃の関連キーワード織豊時代芦田信蕃依田康国依田康真岩尾行吉二俣城

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android