依稀(読み)いき

精選版 日本国語大辞典「依稀」の解説

い‐き【依稀】

〘名〙 (形動タリ)
① はっきりしない様子。かすかなさま。ほのかなさま。
※新撰朗詠(12C前)下・懐旧「笙歌縹眇たり虚空裏。風月依稀たり夢想間〈白居易〉」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一「依稀(イキ)たる活気を帯ぶ」 〔劉禹錫‐荊門道懐古詩〕
② よく似た様子。そっくりなさま。
※本朝文粋(1060頃)一・菟裘賦〈兼明親王〉「唐風雖移、猶依於旧
※諺草(1699)一「依稀(イキ)。俗に人の面影の能似たるを、いきじゃといふは則此字なり」 〔趙蝦‐江楼書感詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「依稀」の解説

い‐き【依×稀】

[ト・タル][文][形動タリ]明らかでないさま。ほのかなさま。かすかなさま。
「―たる活気を帯ぶ」〈漱石虞美人草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「依稀」の解説

【依稀】いき

さながら。彷彿。依江淹〔赤虹の賦〕俄かにして赤(せきげい)電出し、~依稀として常ならず。

字通「依」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android