コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俊【じょう】 しゅんじょう

百科事典マイペディアの解説

俊【じょう】【しゅんじょう】

鎌倉時代の学僧。肥後(ひご)の人。大宰府(だざいふ)の観世音(かんぜおん)寺で戒を受けた。天台・真言を学んだが,戒律の衰微を嘆き,その復興を志す。1199年入宋(にっそう),13年間修行して帰国し,戒律関係の仏典を多く将来し,京都に仙遊寺(のちに泉涌寺(せんにゅうじ))を建立した。
→関連項目鎌倉仏教舎利律宗臨済宗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android