コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌倉仏教 かまくらぶっきょう

大辞林 第三版の解説

かまくらぶっきょう【鎌倉仏教】

鎌倉時代の仏教。平安末期の浄土宗を先駆として、臨済宗・浄土真宗・日蓮宗・曹洞宗・時宗などの諸宗派が新たに興隆し、一方旧来の諸宗派の中からも優れた僧が出現した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

鎌倉仏教【かまくらぶっきょう】

平安末期以来,末法(まっぽう)思想の克服を願った仏教思想の動向の中から,鎌倉中期頃までに新仏教や南都仏教の復興がおこった。新仏教には浄土教系から法然(ほうねん)は浄土宗親鸞(しんらん)は浄土真宗一遍(いっぺん)は時宗を,また日蓮(にちれん)は日蓮宗を開宗,衆諸に信仰を広げた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の鎌倉仏教の言及

【仏教】より

…念仏によって極楽往生を願うこの信仰は,市聖(いちのひじり)と呼ばれた空也,《往生要集》を著した源信,融通念仏宗を開いた良忍らによって急速に古代末期の社会に浸透していった。
[鎌倉仏教]
 仏教が真の意味で民衆の宗教として確立したのは鎌倉時代だった。いわゆる鎌倉新仏教の成立である。…

※「鎌倉仏教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鎌倉仏教の関連キーワード仏教(日本の)等妙寺旧境内俊【じょう】松本彦次郎赤松 俊秀末法灯明記田中 久夫戸頃 重基応和宗論家永三郎赤松俊秀鎌倉時代日本仏教鈴木大拙末法思想覚信尼ベラー法華経泉涌寺臨済宗

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎌倉仏教の関連情報