コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌倉仏教 かまくらぶっきょう

2件 の用語解説(鎌倉仏教の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かまくらぶっきょう【鎌倉仏教】

鎌倉時代の仏教。平安末期の浄土宗を先駆として、臨済宗・浄土真宗・日蓮宗・曹洞宗・時宗などの諸宗派が新たに興隆し、一方旧来の諸宗派の中からも優れた僧が出現した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鎌倉仏教【かまくらぶっきょう】

平安末期以来,末法(まっぽう)思想の克服を願った仏教思想の動向の中から,鎌倉中期頃までに新仏教や南都仏教の復興がおこった。新仏教には浄土教系から法然(ほうねん)は浄土宗親鸞(しんらん)は浄土真宗一遍(いっぺん)は時宗を,また日蓮(にちれん)は日蓮宗を開宗,衆諸に信仰を広げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の鎌倉仏教の言及

【仏教】より

…念仏によって極楽往生を願うこの信仰は,市聖(いちのひじり)と呼ばれた空也,《往生要集》を著した源信,融通念仏宗を開いた良忍らによって急速に古代末期の社会に浸透していった。
[鎌倉仏教]
 仏教が真の意味で民衆の宗教として確立したのは鎌倉時代だった。いわゆる鎌倉新仏教の成立である。…

※「鎌倉仏教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鎌倉仏教の関連キーワード信行末法思想当てずっぽう思想の自由末期末法がっぽう鳥外方滅法末法灯明記尿もれ克服の日

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鎌倉仏教の関連情報