出世間(読み)しゅっせけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出世間
しゅっせけん

仏教用語。煩悩などのけがれに汚染された,この世界のすべての存在を世間というのに対し,それを超越しているものをさす。たとえば,仏教以外の哲学思想 (外道) は執着を離れていない世間的な智に基づくものとみる。これに対し,仏教の説く,執着を断った超越的な智を出世間智とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅっ‐せけん【出世間】

仏語。俗世間の煩悩(ぼんのう)から脱して悟りの境界に入ること。出世。
世間の俗事から離れて超然としていること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅっせけん【出世間】

〘仏〙
この世の悩み・迷いから離れること。世俗を超越した仏道。また、その境地。出世。
出家すること。僧になること。
世間の俗事から離れて超然としていること。 「殿井様は…-の芸術家だもの/魔風恋風 天外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅっ‐せけん【出世間】

〘名〙
仏語俗世間の生死煩悩を解脱して悟りに達すること。また、現世界を超出した無為の解脱の法のこと。出世
※南方録(17C後)墨引「終にかねをはなれ、わざを忘れ、心味の無味に帰する出世間法なり」 〔勝鬘経‐一乗章〕
② 世間の俗事にわずらわされないで、超然としていること。
※二日物語(1892‐1901)〈幸田露伴〉彼一日「往時は世間の契を籠め今は出世間(シュッセケン)の交りを結ぶ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出世間の関連情報