コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保土ケ谷 ホドガヤ

2件 の用語解説(保土ケ谷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほどがや【保土ケ谷】

横浜市の区名。もと東海道の宿場町。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保土ケ谷
ほどがや

横浜市のほぼ中央の区名および地区名。1927年(昭和2)横浜市に新設された5区の一つで、1939年都岡(つおか)、二俣川(ふたまたがわ)の2村を編入、1969年(昭和44)西部が旭(あさひ)区として分離した。JR東海道本線、相模(さがみ)鉄道の沿線に広がり、国道1号、16号、横浜新道、横浜横須賀道路、第三京浜、首都高速狩場線が通じる。東海道本線保土ケ谷駅付近は、鎌倉時代には榛谷荘(はんやのしょう)であったが、江戸時代は東海道の宿場町で、南西に武蔵(むさし)・相模国境の境木(さかいぎ)峠を控え、南へ三浦往還が分かれ、さらに帷子(かたびら)川の水運をもあわせて栄えていた。明治中・後期から帷子川流域は横浜工業地域の拡張地区となり、化学、繊維、電気機器などの中小工場が多く集まっている。西谷浄水場は歴史が古く大規模で、隣接して横浜水道記念館があり、近年、付近の丘陵地に住宅団地が増加している。常盤台(ときわだい)に横浜国立大学の校舎がある。
 帷子橋は富士の展望がよく、葛飾北斎(かつしかほくさい)、初代歌川広重(ひろしげ)の画題となっている。旧東海道の境木峠には地蔵尊が祀(まつ)られ立場(たてば)(宿場の間の休憩場所)となっていた。今井の子(ね)神社、仏向(ぶっこう)の杉山神社、和田・川島両町のはやし獅子(しし)舞は貴重な民俗芸能である。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保土ケ谷の関連キーワード生野川崎土山舞阪四日市大磯掛川平塚袋井瀬谷

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

保土ケ谷の関連情報