コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保坂玉泉 ほさか ぎょくせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保坂玉泉 ほさか-ぎょくせん

1887-1964 大正-昭和時代の僧,仏教学者。
明治20年5月15日生まれ。曹洞(そうとう)宗。明治35年郷里新潟県の観音寺で得度。曹洞宗大卒業後,佐伯定胤(じょういん)にまなび,昭和2年より9年間観音寺住職をつとめる。この間曹洞宗大講師をへて大正14年駒沢(こまざわ)大教授,昭和33年総長となる。昭和39年8月28日死去。77歳。著作に「唯識(ゆいしき)根本教理」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

保坂玉泉の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android