コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯定胤 さえき じょういん

4件 の用語解説(佐伯定胤の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

佐伯定胤

法相宗管長。法隆寺百三世。奈良県生。6才で法隆寺に入り京都泉涌寺で仏教学を修める。大僧正に昇り、法隆寺住職として40余年、その間管長となる。新たに同寺を本山に聖徳宗を開く。学士院会員。昭和27年(1952)寂、85才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯定胤 さえき-じょういん

1867-1952 明治-昭和時代の僧,仏教学者。
慶応3年6月25日生まれ。佐伯旭雅(きょくが)に仏教学をまなぶ。明治26年法隆寺に勧学院を再興し,同院院長。36年法隆寺住職,法相(ほっそう)宗管長となる。昭和25年聖徳(しょうとく)宗をひらき,法隆寺を本山とした。また東京帝大,京都帝大で唯識学をおしえた。昭和27年11月23日死去。85歳。大和(奈良県)出身。号は覚円房。著作に「新導成唯識論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐伯定胤の関連情報