コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保守主義の原則 ほしゅしゅぎのげんそくconservatism convention

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保守主義の原則
ほしゅしゅぎのげんそく
conservatism convention

日本の企業会計原則の一般原則の一つ。安全性の原則,慎重の原則とも呼ばれる。この原則は真実性の原則に反するという批判があるように,論理的というより企業の維持のための財務的・政策的見地から要請されるものであり,「予想損失は計上するが,予想利益は計上しない」というのが,この原則の基本的な指針である。現行の会計制度における具体的適用としては,収益面において資産を原価で測定し,収益計上に実現主義を採用し,未実現利益または評価益の計上を排除していること,費用面において棚卸資産有価証券などの資産に低価主義を適用し,評価損を計上すること,貸倒損失の見積り計上などがある。しかし利害関係者の判断を誤らせるような過度な適用は慎むべきである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

保守主義の原則の関連キーワード企業会計原則の構成秘密積立金

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android