コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

評価損 ひょうかそん valuation loss

4件 の用語解説(評価損の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

評価損
ひょうかそん
valuation loss

企業の所有する資産に取得原価または帳簿価額と異なる価額を付する場合に生じる差額。評価損が計上されるのは,市場性のある一時所有の有価証券棚卸資産について取引所の相場または市場価格の変動が著しくかつ回復の見込みのない場合に時価まで帳簿価額を切下げるとき,投資株式の実価が取得原価より著しく低くかつ回復の見込みのない場合に帳簿価額を実価まで切下げるとき,固定資産が偶然的原因によって著しく摩損したり滅失した場合に帳簿価額を切下げるとき,そして売掛金受取手形貸倒引当金を設定するときなどである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひょうか‐そん〔ヒヤウカ‐〕【評価損】

保有資産の時価簿価を下回っている場合の時価と簿価の差額。資産の期末評価に原価法を適用する場合は損益計算書に計上されないが、低価法を適用する場合は評価損を計上する。また、原価法を適用している場合でも、時価が簿価よりも大幅に(おおむね50パーセント以上)下落し、回復の見込みがない場合は評価損を計上しなければならない。⇔評価益。→含み損

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

評価損

株式などの有価証券が買ったときの値段(簿価)から値下がりして現在の値段(時価)の方が低くなっているとき、その差額を評価損といいます。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひょうかそん【評価損】

保有する資産の時価が帳簿価額より低下した場合、帳簿価額を時価まで引き下げることによって生じる損失。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の評価損の言及

【評価益・評価損】より

…企業が保有中の資産を販売や消費することなく,評価替し,帳簿価額(または取得価額)と異なる価額を保有資産に付する場合に生ずる帳簿価額(簿価)との差額をいう。保有資産に新しく付された価額が簿価を超えた場合が評価益であり,不足した場合が評価損である。評価益・評価損は,資産の保有中に,流行の変化,技術進歩,価格変動など企業内外に生じた偶然的原因により発生する。…

※「評価損」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

評価損の関連キーワード帳簿価額含み資産原価法資産評価取得原価簿価会計原価基準原価差額取得原価主義会計評価益・評価損

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

評価損の関連情報