コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

評価益 ヒョウカエキ

3件 の用語解説(評価益の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょうか‐えき〔ヒヤウカ‐〕【評価益】

保有資産の時価簿価を上回っている場合の時価と簿価の差額。資産の期末評価に原価法を適用する場合は損益計算書に計上されないが、時価会計を適用する場合は評価益を計上する。⇔評価損。→含み益

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうかえき【評価益】

保有する資産の時価が、取得原価または帳簿価額より上昇した場合に生じる利益。企業会計では、計上は認められていない。評価利益。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

評価益の関連情報