コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保岡川荘 やすおか せんそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保岡川荘 やすおか-せんそう

1828-1883 幕末-明治時代の儒者。
文政11年生まれ。保岡嶺南(れいなん)の長男。江戸で昌平黌(しょうへいこう)にはいり,ついで藤森弘庵(こうあん)にまなぶ。父のあとをつぎ武蔵(むさし)川越藩(埼玉県)講学所教授,侍講となり,のち督学,参政にすすむ。慶応3年上野(こうずけ)前橋藩少参事。明治16年4月23日死去。56歳。名は正令。字(あざな)は正卿。通称は正太郎。別号に眠軒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

保岡川荘の関連キーワード宇田川榕菴ガウディコッホ(Robert Koch)モーパッサンアルマン条約ガルシンサンフランシスコ・ジャイアンツ電気事業フィラデルフィア・フィリーズユーイング(Sir James Alfred Ewing)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android