コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保明親王 やすあきらしんのう

2件 の用語解説(保明親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保明親王 やすあきらしんのう

903-923 平安時代中期,醍醐(だいご)天皇の皇子。
延喜(えんぎ)3年11月30日生まれ。母は藤原穏子(おんし)。延喜4年親王となり,皇太子にたった。延喜23年3月21日死去。21歳。若年で没したため,菅原道真(すがわらの-みちざね)の怨霊(おんりょう)のたたりとうわさされた。初名は崇象。諡(おくりな)は文献彦太子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

保明親王

没年:延長1.3.21(923.4.9)
生年:延喜3(903)
平安前期の皇族。名は崇象。諡号は文彦。醍醐天皇と藤原穏子の皇子。外祖父が摂政藤原基経であったためその後援によってわずか2歳で東宮に立った。藤原摂関家にとって将来に大きな夢をつなぐ存在であった。21歳のとき病に罹り,天下に大赦の詔勅が下され回復の祈願がなされたが,その甲斐もなく若くして他界,菅原道真の怨霊の祟りと噂された。幼少のとき,高麗の人相見の占いに,あまりにも容貌が優れすぎているためこの国には適合せず短命であろう,とでたという。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保明親王の関連キーワード大槻文彦摂政秘蔵宝鑰延喜皇族会議諡号安達雲斎(初代)人康親王平安典高津内親王

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone