コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信仰療法 しんこうりょうほうfaith healing; spiritual healing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信仰療法
しんこうりょうほう
faith healing; spiritual healing

信仰による医療効果は,精神療法の一種とみなされ,暗示の効用と理解されている。医学以前の医術と宗教はともに「救いを与える」という立場にあった。たとえば,信仰療法の原型は,ほとんどすべてキリスト教の新約聖書のなかに記載されているといわれる。祈り,接触,赦し,遠隔治療などである。アメリカのエディ夫人 (1821~1910) が創設したクリスチャン・サイエンスは,独自な信仰療法組織として有名であるが,教皇庁が承認しているフランスのルルド霊泉の治療効果も,広義には信仰療法の一種とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

信仰療法の関連キーワードムーディ(William Vaughn Moody)ウイリアム・ヴォーン ムーディヘンリー(Jr.) ポールソンメスメル

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android