信仰療法(読み)しんこうりょうほう(英語表記)faith healing; spiritual healing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「信仰療法」の解説

信仰療法
しんこうりょうほう
faith healing; spiritual healing

信仰による医療効果は,精神療法一種とみなされ,暗示の効用と理解されている。医学以前の医術宗教はともに「救いを与える」という立場にあった。たとえば,信仰療法の原型は,ほとんどすべてキリスト教の新約聖書のなかに記載されているといわれる。祈り,接触,赦し,遠隔治療などである。アメリカのエディ夫人 (1821~1910) が創設したクリスチャン・サイエンスは,独自な信仰療法組織として有名であるが,教皇庁が承認しているフランスのルルド霊泉の治療効果も,広義には信仰療法の一種とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android