コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信太仁十郎 しのだ にじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信太仁十郎 しのだ-にじゅうろう

1826-1858 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政9年生まれ。水戸藩家老の武田耕雲斎家僕になり,尊攘運動にくわわる。安政4年アメリカ公使ハリス襲撃を計画したが,藩庁に探知され,幕府に自首。安政5年5月9日江戸伝馬町の牢(ろう)で病死。33歳。陸奥(むつ)石川郡(福島県)出身。本姓は阪本。名は義正。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

信太仁十郎の関連キーワード運動家尊攘

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android