信書開封罪(読み)しんしょかいふうざい

百科事典マイペディア「信書開封罪」の解説

信書開封罪【しんしょかいふうざい】

封緘(ふうかん)した他人信書を正当な理由なく開く罪で,1年以下の懲役または20万円以下の罰金刑法133条)。親告罪である。個人の〈通信の秘密〉の保護を目的とする。旧表記では信書開披(かいひ)罪。なお郵便法郵政公社の取扱中の郵便物を正当な理由なく開き,毀損(きそん)し,隠匿し,放棄し,または受取人でない者に交付した者を処罰する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の信書開封罪の言及

【通信の秘密】より

…なお,電話の発信人の匿名性を悪用して犯罪に利用する誘拐や脅迫などに対処するための逆探知は,現行犯罪捜査の一種であり,令状を必要としない。 刑法133条の信書開封罪(正当な理由なく封をしてある信書を開けた者は1年以下の懲役または20万円以下の罰金に処せられる)や郵便法8,9条,公衆電気通信法4,5条などはこの自由を守るために存在する。【江橋 崇】。…

※「信書開封罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android